しいたけ 保存法

しいたけ

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「しいたけ」についての話です。

今日は「しいたけの保存法」です~。

 

たくさん収穫できるしいたけ。

 

たっぷりは嬉しいんだけど…

ちょっと採れすぎ。使いきれない!

 

 

そんな場合の、しいたけの保存方法です。

 

・わりとすぐ使う場合

 

しいたけは水に濡れると傷みやすくなります。

収穫したら洗わずに、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室へ。

 

新聞紙が適度な湿度で、しいたけを守ってくれます。

 

・長く保存したい場合

 

 

いしづきを取って使いやすい大きさに切り、

続きを読む 0 コメント

しいたけ栽培 その2

しいたけ

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「しいたけ」についての話です。

今日は「しいたけ栽培 その2」です~。

 

栽培を始めてしばらくすると(早ければ3~4日くらい)、しいたけ達が出てきます!

 

たくさん出てきますよ~(笑)。

続きを読む 0 コメント

しいたけ栽培 その1

しいたけ

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「しいたけ」についての話です。

今日は「しいたけの栽培 その1」です~。

 

しいたけの栽培方法は

 

原木(げんぼく)栽培

菌床(きんしょう)栽培

 

と2種類あります。

 

「原木栽培」はナラやクヌギなどを切り出して穴をあけ、そこにしいたけの菌種を植え付けて栽培する方法。

「菌床栽培」は、原木のかわりにおがくずを固めたものを使って栽培する方法。

 

今回は簡単・省スペースで楽しめる、「菌床栽培」のしかたです。

 

秋も深まり11月ころになると、ホームセンターで「しいたけ栽培セット」が販売されます。

通信販売でも購入できます。

続きを読む 0 コメント

しいたけ 栄養

しいたけ

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「しいたけ」についての話です。

まずは、「しいたけの栄養」から~。

 

しいたけはビタミンB1、B2などのビタミンやミネラル類を幅広く含んでいます。

ビタミンDとナイアシン、グアニル酸やグルタミン酸などのうまみ成分、きのこ特有の多糖体、食物繊維を多く含みます。

 

それから「エリタデニン」という成分が含まれていて、血中のコレステロール量を低下させる作用があり、動脈硬化の予防が期待されます。

 

他にもレンチナンとβ-Dグルカンと言う多糖類が含まれます。

レンチナンはがん細胞の増殖を抑える効果が期待され、β-Dグルカンは免疫力を高める効果が期待されます。

 

しいたけは他のきのこ類と同様に食物繊維が豊富な食材で、生しいたけ100gに3.5グラムくらいの食物繊維を含んでいます。

野菜でいうと玉ねぎやセロリの倍以上!

しかも100グラム18キロカロリーと低カロリー!

 

また日光に当たるとビタミンDに変わる「エルゴステロール」という成分を沢山持っているので、食べる前に30分~1時間でも天日に干すと、ビタミンDが倍増すると言われています。

カルシウムを含む食品と一緒に摂ることで、骨粗しょう症予防効果が期待できます。

 

何かよく分からないけど…しいたけって、スゴイ!

こんなスゴイしいたけ、おうちで簡単に栽培できちゃうんです。

 

次は「しいたけ栽培」のしかたです

 

昨日の地震、大丈夫でしたか?

大きな被害にならなかったのは良かったですが、やはりコワイですね。


あなたの畑の野菜たちは元気ですか?

楽しく育てて美味しく食べちゃいましょう~!

 

「にほんブログ村」ランキングに参加しております。

「面白かったよ」という方、1クリックお願いします。

 

続きを読む 0 コメント