さといも 栽培2

さといも

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「さといも」についての話です。

 

今日は「さといも 栽培2」です~。

 

夏の間、追肥、土よせ、水やりとお世話をしたさといもも〜、凉しくなってくると少しずつ葉っぱに勢いがなくなってきます。

続きを読む 0 コメント

さといも 栽培

さといも

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「さといも」についての話です。

 

今日は「さといも 栽培」のしかたです~。

 

さといもの種いもは、5月頃に植えつけます。

発芽までには時間がかかるので〜、ちゃんと芽が出るのか心配になるので、発芽するとすごく嬉しいですよ〜(笑)。

続きを読む 0 コメント

さといものみぞ植え

さといも

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「さといも」についての話です。

今日は「さといも みぞ植え」です~。

 

みなさんはさといもの種いも、どんなふうに植えてますか?

うちでは、「みぞ植え」にしてます。

続きを読む 0 コメント

さといも 種いもの選び方

さといも

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「さといも」についての話です。

今日は「種いもの選び方」のしかたです~。

 

すっかり暖かくなった春、4月になると~、ホームセンターでさといもの種いもの販売が始まります。

 

「石川早生」「土垂」「セレベス(赤芽)」などなど、色々な種類のさといもがありますが~、どんな種いもを選ぶのが良いのでしょう?

 

種いもは、重さで売られています。家庭菜園用なら、500g入りから販売されてます。

 

小さい種いもがたくさん入っていても、500g。

大きな種いもが少し入っていても、500g。

 

どちらを選びますか~?

 

選ぶなら、大きい種いもです!

 

小さな種いもを植えたことがあったんですが、株が大きくならなくて、秋に掘っても子芋がついてなくて、収穫できませんでした~。

 

大きい種いもなら、株が大きく成長して子芋もたくさんついて~、たくさん収穫できます!

 

種いもは、量より質です(笑)!

 

秋に収穫したさといもから、次の種いもを取るときも、大きくて美味しそうなさといもを選んでくださいね~(笑)!

 

私事ですが~、今日4月1日で市民農園4年生になりました(笑)!

まだまだ失敗も多いですが~、新しい野菜にもチャレンジしていきたいです!

 

あなたの畑の野菜たちは元気ですか?

楽しく育てて美味しく食べちゃいましょう~!

 

「にほんブログ村」ランキングに参加しております。

「面白かったよ」という方、1クリックお願いします。

 

続きを読む 0 コメント

さといも 栄養

さといも(サトイモ科)

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「さといも」についての話です。

今日は「さといもの栄養」です~。

 

秋から冬にかけて旬をむかえるさといも。

ほっくりねっとりしてて、おいしいですよね~。

 

さといもの主成分はでんぷんです。

ビタミンはあまり入ってないので、ビタミン的に「スゴイ!」ってのはないのですが~(笑)、さといもは他がスゴかった!

 

まず、さといもは他の芋にくらべて水分が多くて低カロリー。

100グラムあたりで見ると、

 

さつまいも 124カロリー

じゃがいも 78カロリー 

やまといも 124カロリー 

さといも 61カロリー

 

と、かなり低めです。

 

さといもはカリウムが豊富です。

カリウムは、むくみの原因になるナトリウムを外に出してくれるので、むくみ予防になります。

 

さといもには「ガラクタン」という成分がたくさん含まれています。

さといもにはぬめりがありますが、このぬめりはガラクタンやムチンなどでできています。

 

このガラクタンは、脳を活性化させる効果があるといわれてます。

そのため、認知症などの予防にいいとされています。

 

ガラクタンには、コレステロールを下げる力も持っていると考えられています。

コレステロールを下げることで、肥満だけでなく動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの病気を予防できると考えられています。

また、ガラクタンには血圧を下げてくれる効果も期待ができます。

 

さといもには、ぬめり成分の一つでもある「ムチン」も入ってます。

ムチンにも健康効果があると考えられています。

 

まずムチンは、たんぱく質の吸収が良くなるようにサポートしてくれます。

たんぱく質は、体をつくるのに大切な栄養です。

 

ムチンは胃腸の粘膜を保護して、胃腸の調子を整えてくれる効果が期待できます。

 

あまり食べませんが、さといもの皮にもポリフェノールの一種である「リグナン」という物質が含まれていて、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをします。

リグナンには高い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を取り除いて、メラニンの生成を抑えたり、老化防止の効果も期待できます。

 

さらに、アミノ酸も18種類も含まれています。

 

ちょっと地味なイメージのさといもですが~、こうして見るとなかなかの健康野菜ではないですか!

低カロリーでダイエット向き、というのも嬉しいですね(笑)。

 

今日はここまで~。

つぎは「さといもの保存法」です。

 

あなたの畑の野菜たちは元気ですか?

楽しく育てて美味しく食べちゃいましょう~!

 

「にほんブログ村」ランキングに参加しております。

「面白かったよ」という方、1クリックお願いします。

 

続きを読む 0 コメント