ブログ・うちの畑でとれちゃいました!



家庭菜園を始めてみると、実は分からないことばかり!

 

…てか野菜って、植えたら勝手に育つんじゃないの~?!

 

野菜は人が手をかけて作り出した植物。人が手をかけないと、うまく育たないこともあるんです。

野菜たちのお世話のしかたを、写真を入れながら分かりやすく紹介していきます。


カブ 栽培

カブ(アブラナ科)

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「カブ」についての話です。

今日は「カブの栽培」のしかたです~。

 

種を買いましょう~。

種は

 

ホームセンター

100円ショップ

種苗店

スーパー

 

などで売ってます。

 

種を蒔くまえに、土を起こして堆肥や肥料をまぜておきましょう。

種は、普通はすじ蒔きで蒔きますが(写真はほうれん草で代用です)、「間引きが大変で…」という方は

点蒔きにしてもいいです。

発芽率は高く、発芽までの期間も短いので、すぐに可愛い双葉が出てきますよ。

 

虫たちが葉っぱを食べにくるので、ネットなどをかぶせて防虫対策を忘れずに!


本葉が1~2枚で間引きをします。間が3~4センチくらいになるように。

 

2回目は本葉3~4枚のころに間引きします。間は6~8センチくらい。

 

3回目の間引きは、本葉が5~6枚のころ。間は10~12センチくらい。

 

間引きしたあとは株の根もとがグラつくので、土よせして安定させましょう~!

 

追肥も忘れずに。

しっかり間引きしないと、カブは大きく丸くなることができません。

間引きした葉っぱは、栄養たっぷりの緑黄色野菜です!

美味しく料理して食べちゃいましょう!

小カブなら4~5センチくらい、中カブは7~8センチくらいで収穫です!

葉っぱを持って、すっぽり抜き取って収穫しましょう~。

 

この季節のカブは面白いくらいに成長が早いので、収穫が終わったところにちょっと蒔いておくと便利ですよ~。

 

あなたの畑の野菜たちは元気ですか?

楽しく育てて美味しく食べちゃいましょう~!

 

「にほんブログ村」ランキングに参加しております。

「面白かったよ」という方、1クリックお願いします。

 

0 コメント

カブ 栄養

カブ(アブラナ科)

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「カブ」についての話です。

今日は「カブの栄養」です~。

 

カブは、根っこは淡色野菜、葉っぱは緑黄色野菜という、1つで2つ楽しめる野菜です。

 

根っこの、いわゆる「カブ」のところは、炭水化物の消化を助ける酵素のジアスターゼや、デンプンを分解する酵素のアミラーゼがたくさん含まれています。

生で食べると大根と同じように、食べ過ぎや胸焼けに効果があるといわれていて、煮て食べると胃や腸を温めてくれます。

 

実はカブは~、ふだん食べる根っこよりも、葉っぱに方に栄養があります。

 

葉っぱにはビタミンA・ビタミンB1、B2・ビタミンC・β-カロテン・カルシウム・鉄・食物繊維などが含まれてます。

 

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康にして、抵抗力を強くします。

 

ビタミンB1とビタミンB2は、糖質や脂質の代謝を良くして、体を元気にしてくれます。

 

ビタミンCは美肌に効果があって、免疫の強化が期待できます。

 

カルシウムは骨の強化、鉄は貧血予防に効果があります。

 

食物繊維にはダイエットの味方!

便秘を治して、体の中のコレステロールを出してくれる働きがあります。

 

β-カロテンは、発ガンを抑える作用や免疫を強くする作用がありますが、その他にも体内でビタミンAに変わって、髪の健康や目の健康、粘膜や皮膚の健康を守る働きが期待できます。

 

こんなに栄養たっぷりのカブの葉っぱですが~、カブが大きくなると固くなって、さすがにちょっと食べにくいんですよね。

 

そんなときは、種を多めに蒔いて、間引き菜を食べちゃいましょう~!

若採りする間引き菜は、柔らかくて食べやすいですよ。

 

あなたの畑の野菜たちは元気ですか?

楽しく育てて美味しく食べちゃいましょう~!

 

「にほんブログ村」ランキングに参加しております。

「面白かったよ」という方、1クリックお願いします。

 

0 コメント

週末の作業と菜園の様子 7月16日

じゃがいも、本格的に収穫しました

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

なかなか雨が降りません。

大雨で大変な被害が出てるところもあれば、カラカラなところもあり…。

全然うまくいきませんね〜。

ささげの実が大きく…というより、長くなってました〜(笑)。

ささげは、お赤飯に入れる赤い豆です。完熟させると赤い豆になりますが、まだ若いうちに早採りして、インゲンのように食べるのです。

サヤはインゲンの2〜3倍の長さで収穫時期も長く、秋まで楽しめるので、オススメの野菜ですよ〜。

イチゴの花が咲いてました。

これは春〜夏の終わり頃まで実がなる「四季なり」という品種なので、また花が咲き始めたんですね。

無事に収穫、となりますかどうか…?

落花生、じゃんじゃん花を咲かせてます(笑)。ちょっとしつこい追肥が良かったのか(笑)?

子房柄(しぼうへい)が土に入りやすいように、土を足して増し土しておきました。

空芯菜がわさわさになってきました!

連日の猛暑に、機嫌よく脇芽を伸ばしてます。

これで夏場の葉物野菜は安心です(笑)。

じゃがいもを本格収穫しました。

葉っぱもくったりしてきましたしね。

株の横からスコップを入れて、グッと持ち上げると…

う〜ん、やっぱりでかいです(笑)!

普通のサイズじゃないな…。

カレーなんて、これ1コで充分作れそうです(笑)。

収穫は、じゃがいもと〜、

ささげ(初収穫!)、

長ナス、

ミニトマト、

ルッコラ、

ふだん菜、

カブ、

空芯菜、

きゅうり(貰いもの)でした〜。

 

夏野菜たちの収穫が本格的に始まって、ずいぶん賑やかな収穫になってきましたねぇ。

でも気温が高くて、熱中症一歩手前(爆)。

飲んでも飲んでも追いつかないんだもの!

 

ほんとに気をつけなくてはいけないですね…。

 

あなたの畑の野菜たちは元気ですか?

楽しく育てて美味しく食べちゃいましょう~!

 

「にほんブログ村」ランキングに参加しております。

「面白かったよ」という方、1クリックお願いします。

 

0 コメント

パッションフルーツの人工受粉

パッションフルーツ

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

「パッションフルーツ」についての話です。

 今日は「パッションフルーツの人工授粉」のしかたです~。

 

パッションフルーツを育てているみなさん、もう花は咲いてますか〜?

パッションフルーツの花って、華やかでキレイですよね!

ナスやトマトやかぼちゃなどの花と比べると、大きさも姿も段違いです(野菜たちの花も、もちろん可愛いですよ〜)。


パッションフルーツの花が咲いたあとの楽しみは、実が生ること!

もう小さな実がつき始めましたか〜?


上手く実がつかないときは、人工受粉してみましょう!

パッションフルーツの花には、5つの雄しべがあります。

この、フローリングワイパーのような形(笑)をしたのが、雄しべです。

ちょっとかわいそうですが〜、雄しべを摘み取って、花の真ん中にある雌しべにチョンチョンと花粉をつけます。

これで人工受粉は終わりです。

上手く受粉すれば、雌しべの根もとの丸い部分が大きくなって、パッションフルーツになりますよ〜!

 

雄しべを取るのがかわいそうでイヤなら、花粉を綿棒や筆の先で取って、雌しべにつけても大丈夫です。

無事に実がついたら、追肥と水やりを忘れずに。パッションフルーツは水が大好きです。

完熟して、自然にころりと落ちたら収穫です!

 

キレイな花と美味しい実、どっちも楽しんでしまいましょう〜!

 

あなたの畑の野菜たちは元気ですか?

楽しく育てて美味しく食べちゃいましょう~!

 

「にほんブログ村」ランキングに参加しております。

「面白かったよ」という方、1クリックお願いします。

 

1 コメント

収穫です 7月11日

毎日暑いですが

こんにちは。

ブログ・うちの畑でとれちゃいました!に遊びに来てくれて、ありがとうございます。

 

毎日暑いですが、そのお陰か野菜たちがよく育ってくれまして。

週末を待たずに収穫です(笑)。

ふだん菜と(予想以上に成長が早いです)、

パセリ、

ミニトマト(初収穫!)、

カブでした〜。

カブは、何だか割れてきてしまったので、収穫しました。

なかなかキレイなカブにならないんですよね…。コツがあるのかな?

育てるのは割と簡単ですが~、「キレイなカブ」のするのは難しいですね…。

 

あなたの畑の野菜たちは元気ですか?

楽しく育てて美味しく食べちゃいましょう~!

 

「にほんブログ村」ランキングに参加しております。

「面白かったよ」という方、1クリックお願いします。

 

0 コメント